日本一うんこを食べた男「八神レイ」へのお悩み大募集!

自分のうんこに嗚咽をあげながら快感に溺れる槇原愛菜【脱糞解禁】

槇原愛菜スカトロプレイスカトロ

今回のレビューはOPERAの「超極上の脱糞解禁 槇原愛菜」だ。

ノーマルAV女優であった槇原愛菜のスカ系デビュー作であり、本気で嫌なうんこを目の当たりにしながらもセックスの快楽に溺れていく作品だ。

定価:6,000円
販売価格:1,270円 / 300円(7日間レンタル)
レーベル:OPERA
販売サイト:FANZA(独占)
収録時間:181分

今作はマニアCHの見放題対象となっている作品だ。

マニアCHは、FANZA(旧DMM)が運営する33438本のAVが見放題になるスカトロマニア歓喜の神見放題サービスだ。

詳しくマニアCHについて知りたい人は、マニアCHの入会体験記を参考にしてみてくれ。

興奮度10倍のスカトロVR
お家でお手軽スカトロ体験

スカトロマニアの管理人が絶賛。

・スカトロセックスを体験したい
・低画質の無料動画に飽きた
・初オナニーのような興奮を味わいたい
・AV女優とスカトロしたい願望がある

スカトロVRは、自宅でハードルの高いスカトロプレイを『手軽』かつ『格安』で体験できる神コンテンツ。

現状、スカトロVR以上に興奮するコンテンツはない!

と言い切れるほど。今すぐダイソーでVRゴーグルを購入し、お試ししてみよう。

探偵団による今作の評価

おすすめ度

羞恥度5.0羞恥度などではない。完全に素が出た剥き出しの嫌悪感を見せてくれるぞ。
スカトロ度4.0塗糞こそはないがうんこを見せながらの濃厚セックスはかなりのスカトロ度だ。
企画力5.0シリーズ化している神企画だな。
可愛さ3.0ムチムチボディの大人な女性のような雰囲気
総合点4.0嫌悪感剥き出しのセックスは中々拝めるわけではなく素晴らしい作品だ。

おすすめの人、おすすめできない人

こんな人におすすめ

・本気でうんこを嫌がる姿が最高に抜ける人
・超絶ムチムチ党の党員
・レズスカ要素も欲しい人

こんな人は微妙かも

・ソフトスカトロしか受け付けない人
・ロリ系の女の子が好きな人

この価格で高いと感じる人ももちろんいるだろう。

スカトロ探偵団では、全スカトロマニアの「高いスカトロAVを出来る限り安く」という要望に答えるためにJADENET、DUGA、女排泄一門会など有名サイトなどを最安で攻略するための教科書的な記事を用意している。

スカトロAVをできるだけ安く購入したい同志はぜひ参考にしてくれ。

注意

ここから先は、本作の団長おすすめの女の子について解説する。初見の気持ちで作品を見たい!詳細は知らない方がいい!という人はここで閲覧をやめて実際に作品を購入して自分で楽しんでくれ!

徹底スカトロレビュー

公式ツイッターより引用

このOPERAが企画している「超極上の脱糞解禁」シリーズは、今まで通常のAVにしか出演をしたことがなくスカトロAVの経験がないAV女優のスカトロ解禁作を収めたシリーズとなっている。

今まで、ノーマルなAV女優として活動していたこともあってかかなりの美女が出演してくるのが特徴だ。

今作品の出演女優槇原愛菜は、超ムチムチボディの持ち主。

槇原愛菜の一番のポイントは本気でうんこに対して嫌悪感を示すところだ。

うんこが絡むシーンでは必ずと言っていいほど素でのリアクションで嫌がり嗚咽する。

しかし、相当な性欲の持ち主のようで性欲には抗うことが出来ない。

嫌悪感と快楽の二律背反を楽しむことができる作品だ。

以下、抜きどころを記していく。

え、お皿にするんですか!?

スカトロ初挑戦なだけあって槇原愛菜の羞恥感がMAXのシーン。

うんこ撮影前から小刻みに震えている。

お皿を出された時には思わず、

「え、お皿…。そこにするんですか!?」

の一言。この不慣れ感が素晴らしい。

長時間の踏ん張りの末に出たうんこは超大量。

切れるところを知らずにぐるぐるとお皿に溜まっていく。

槇原愛菜のきばり声と羞恥感の交わりが可愛らしい。

うんこに本気の嗚咽をしながらのSEX

槇原愛菜は、うんこに対して本気の嫌悪感を見せる。

このシーンは自分の浣腸で出したうんこを真横に配置しながらSEXを行う。

うんこに対して見せる嗚咽はまさに本物。嫌悪感が画面から伝わってくる。

そして、その証明としてうんこが手についてしまうシーンがある。

「あああ、いやだ」

と真剣な顔で首を振るシーンは演技とはとても思えない。

しかし、そのままセックスは続いていく。

この嫌悪と快楽が混じったSEXこそが素晴らしい。

寸止めプレイでうんこ強要

身体を拘束され快楽に溺れる槇原愛菜。

しかし、簡単にイクことは許されない。

イキたいのに寸止めで全てを止められてしまう。

「イキたいならうんこして」

という発言にあんなに嫌がっていたうんこを出すために本気で気張る。

まんこから垂れる本気汁
オイルでてかる身体
ゆっくりと出てくるうんこ


素晴らしい排泄シーンだ。

そしてその後はうんこを顔の前に近づけながらもイキまくる。

うんこを枕元にペニバンセックス

ラストは濃厚なレズプレイを披露してくれる。

自分で排泄したうんこを枕元に置きながらも快楽に身を委ねる。

もちろん、うんこに対する嫌悪感は変わらない。

嗚咽を出しながらのうんこに対する嫌悪感をあらわにしながらも、よだれを出しながらもセックスに興じる。

その姿は、まさしく淫獣と形容するにふさわしいだろう。

うんこに対する嫌悪と絶対に抗えない快楽の二重構造が素晴らしい。

キャプチャー画像

サンプル動画

以上。超極上の脱糞解禁 槇原愛菜のレビューだ。

他にもレビュー希望のスカトロ作品があればここからリクエストを送ってくれ。意見や応援メッセージなど常に受付中だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました