日本一うんこを食べた男「八神レイ」へのお悩み大募集!

友人から食糞・塗糞を強要されるスカトロ奴隷 槇原愛菜

スカトロ

今回のレビューはOPERAの「囚われの糞豚奴隷 槇原愛菜」だ。

元専属女優である槇原愛菜のハードスカトロ作品となる。

清楚系AV女優としてデビューした彼女の食糞、塗糞となんでもありなスカトロシーンはまさに必見だ。

定価:6,000円
販売価格:1,270円 / 300円(7日間レンタル)
レーベル:OPERA
販売サイト:FANZA(独占)
収録時間:170分

今作はマニアCHの見放題対象となっている作品だ。

マニアCHは、FANZA(旧DMM)が運営する33438本のAVが見放題になるスカトロマニア歓喜の神見放題サービスだ。

詳しくマニアCHについて知りたい人は、マニアCHの入会体験記を参考にしてみてくれ。

興奮度10倍のスカトロVR
お家でお手軽スカトロ体験

スカトロマニアの管理人が絶賛。

・スカトロセックスを体験したい
・低画質の無料動画に飽きた
・初オナニーのような興奮を味わいたい
・AV女優とスカトロしたい願望がある

スカトロVRは、自宅でハードルの高いスカトロプレイを『手軽』かつ『格安』で体験できる神コンテンツ。

現状、スカトロVR以上に興奮するコンテンツはない!

と言い切れるほど。今すぐダイソーでVRゴーグルを購入し、お試ししてみよう。

探偵団による今作の評価

おすすめ度

羞恥度5.0羞恥度などではない。完全に素が出た剥き出しの嫌悪感を見せてくれるぞ。
スカトロ度5.0スカ系プレイは完全コンプリートと言ってももいいだろう。
企画力5.0脚本が良い。
可愛さ4.0さすが元専属女優なだけある。
総合点4.0嫌悪感剥き出しのスカトロセックスは中々拝めるわけではなく素晴らしい作品だ。

おすすめの人、おすすめできない人

こんな人におすすめ

・本気でうんこを嫌がる姿が最高に抜ける人
・学校ものがたまらなく好きな人
・ストーリーを含めてAVを見る人
・レズスカが好きな人

こんな人は微妙かも

・ソフトスカトロしか受け付けない人
・ロリ系の女の子が好きな人

この価格で高いと感じる人ももちろんいるだろう。

スカトロ探偵団では、全スカトロマニアの「高いスカトロAVを出来る限り安く」という要望に答えるためにJADENET、DUGA、女排泄一門会など有名サイトなどを最安で攻略するための教科書的な記事を用意している。

スカトロAVをできるだけ安く購入したい同志はぜひ参考にしてくれ。

注意

ここから先は、本作の団長おすすめの女の子について解説する。初見の気持ちで作品を見たい!詳細は知らない方がいい!という人はここで閲覧をやめて実際に作品を購入して自分で楽しんでくれ!

徹底スカトロレビュー

公式ツイッターより引用

このOPERAが企画している「囚われの糞豚奴● 槇原愛菜」は、元単体女優である槇原愛菜の凌辱作品。

友人だと思っていた日々とから受ける

・レイプ
・食糞
・塗糞


となんでもありなプレイは元清楚系AV女優とは全く思えないほどだ。

加えて、今作品の出演女優槇原愛菜は、本気でうんこに対して嫌悪感を示す。

これは彼女の多くの作品に共通したリアクションだ。

うんこが絡むシーンでは必ずと言っていいほど素でのリアクションで嫌がり嗚咽する。

Sスカトロマニアの心を満たすこと間違いなしだ。

以下、抜きどころを記していく。

繰り出される様々な女のうんこ

槇原愛菜が今作メインの女優となるが、うんこ役は彼女だけではない。

いじめる側の女優二人も立派なうんこを披露してくれる。

自分だけのうんこを塗られるだけでも屈辱的にも関わらず、槇原愛菜は信頼していた元友達とも言うべき女たちのクソも塗られてしまうのだ。

特に女優の中には、うんこを取られているシチュエーション、虐めている快感かで愛液を垂れ流しながらの脱糞も披露してくれる。

そして、相変わらず槇原愛菜のうんこに対する拒絶感は一級品。

Sスカトロマニアなら目に収めておきたい作品となっている。

口に拘束具をつけられ強制食糞

槇原愛菜は、本来は食糞を受け付けない性質であろう。

スカトロデビューから2作目まで一切食糞シーンはなく、全てのAVでの嗚咽は演技とはとても思えないレベルだ。

しかし、今作では強制的にその屈辱を受けることとなる。

口に拘束具をつけられ閉じられない口に容赦無くうんこを突っ込まれてしまうのだ。

まずは歯に塗られ、押し込められ、吐き出せない。

相変わらずその拒絶感は凄まじいものだ。

その状況ではめられ、塗られ、電マ責めを受ける。

これ以上の痴態はないレベルだ。

三人分の糞水に顔面を押しつけられる

うんこに対して本物の拒否感を示す槇原愛菜。

そんな彼女が今作では糞汁に顔を突っ込むという最高に恥辱的なシーンを収録している。

友人2人と自分の出したうん汁の入った桶に顔を沈められる時の拒絶感、絶望感は異常である。

しかし、抵抗もむなしく何度も顔をつけられ電マであそこを虐められる槇原愛菜。

その際に見せる絶望した顔、嗚咽、漏れる息

全てがSスカトロマニアの性癖に刺さること間違いなしだ。

犯されながらも追加の脱糞

ラストはとにかく糞塗れでのセックスシーンである。

ここまで糞に染まる槇原愛菜をデビュー時の清楚系AV女優の時に誰が予想できただろうか。

綺麗な肌、お尻、胸に止まらずその顔、髪までもが糞まみれである。

もはやうんこがついていない部分の方が少ないのではないだろうか。

しかし、そんな状態でも追撃の手は緩まずに挿入されながらの追加うんこ。

糞を塗られ、屈辱を味わいながらも快楽に抗えずに快楽と拒否感が混じった表情が素晴らしい。

キャプチャー画像

サンプル動画

以上。囚われの糞豚奴● 槇原愛菜のレビューだ。

他にもレビュー希望のスカトロ作品があればここからリクエストを送ってくれ。意見や応援メッセージなど常に受付中だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました