か細い声で「ごめんなさい…」地味っこが羞恥満点の正座脱糞!

懇願!正座うんこうんこ

今回の紹介するのは、女排泄一門会の「懇願!正座うんこ」に収録されている3人目の女の子だ。

『正座うんこ』とは、文字通り正座姿で脱糞をするという至極シンプルな作品。

「なんだ〜それだけか〜」

と侮るなかれ。

通常ではありえない姿勢だからこそ見えて来る様々な『エロ成分』をたっぷりと堪能する事ができる。

女排泄一門会は、スカトロ界のベンチマークを名乗るだけあり新たな『エロ成分』『発見』出来ることが多い。その傾向が強く現れた作品だと言える。

正座だからこそ強調される尻の形。
太ももや足を汚す排泄物。
カメラに向かって吹き出すうんこ。


「これは新しい…」と画面の前で呟きながらちんこをしごくこと間違いなし。

また、今作品の一番のスパイスが『懇願』だ。

文字通り正座でうんこに行きたいと懇願する女性たちは最高に抜ける。

懇願をさせることで全身に感じる女性に対しての征服感。背徳感。

その全てがスカトロという性癖を持った者に刺さるであろう流石便三師匠と言うべき作品だ。

普通の排泄ものに飽きた人には胸を貼っておすすめ出来る作品だ。

販売価格:3,500円
メーカー:女排泄一門会
収録時間:92分

こんな人におすすめ

・ガチ素人排泄が大好きな人
・新たな排泄のエロさを実感したい人
・ソフトスカトロで満足の人

こんな人は微妙かも

・ハードスカトロが好きな人

興奮度10倍のスカトロVR
お家でお手軽スカトロ体験

スカトロマニアの管理人が絶賛。

・スカトロセックスを体験したい
・低画質の無料動画に飽きた
・初オナニーのような興奮を味わいたい
・AV女優とスカトロしたい願望がある

スカトロVRは、自宅でハードルの高いスカトロプレイを『手軽』かつ『格安』で体験できる神コンテンツ。

現状、スカトロVR以上に興奮するコンテンツはない!

と言い切れるほど。今すぐダイソーでVRゴーグルを購入し、お試ししてみよう。

図書館にいそうな地味っこのギャップ

今回取り上げるのは懇願!正座うんこ」3人目収録の大人しめの美人さん。

世の中に女性のタイプは様々あれどAVに出る女性のタイプは限られてくるだろう。

その中でも一番珍しいタイプが大人しめの女子ではないだろうか?

今回の彼女はまさしくその大人しめのタイプの女性となる。

声は弱々しく重ためのパッツン前髪をした彼女からはケバケバしさというものを一切感じない。

どちらかという地味めに属する女子になるだろう。

かといってブサイクか否かと言われると否。

大きな目に厚い唇と白い肌がとても可愛らしい。そして、身近な愛らしさを感じる女性だ。

そんな大人しめで身近な存在と感じる彼女が排泄を見せてくれるのだからたまらない。

そして、団長のイメージ的にはこういうタイプの女の子は図書館を好んでいるようなイメージが存在する。

図書館と言えば、まさに『静寂』『清潔』

そこまでのイメージを作り上げると真逆に位置する排泄という行為はいっそう『ギャップ』を引き立たせるスパイスになる。

地味だからこそ引き出されるエロス

先ほども述べたが、地味な彼女の『ギャップ』という点に着目するとこの作品はますますエロスを感じる物となる。

まず、彼女のギャップがそのパンツを脱ごうとした時に腰をあげた際に訪れる。

そう、履いている下着がTバックなのだ。

こんなにエロいシチュエーションがあるだろうか?

地味な彼女が履いている下着が実はどエロいTバックだった。

一度は誰もが妄想するシチュエーションではないだろうか。

そして、脱いでからあらわになるそのお尻。

Tバックを履いていたためにパン線一つない綺麗な大きなお尻は尻フェチにはたまらないだろう。

地味なあの子のスカートに秘められた大きなお尻。

ただのエロスが『地味』という成分が足されるだけでここまでのエロさを引き出すのだ。素晴らしい。

リアルすぎる懇願と我慢

今作品のテーマの1つとなっているのが『懇願』だ。

懇願とはもちろんこの美女が、排泄に行かせて欲しいと頼んで来るわけだ。

この懇願こそが、一番女性の本質的な部分が見えてくる場所となる。

例えば、今作品1人目2人目はとにかく切羽詰まった要素が全面に伝わって来る連呼型であった。

そこからは彼女らの普段のハキハキとした雰囲気のような物を感じる。

それに対して、この大人しめの彼女は、

「我慢が出来ないんです…」
「ごめんなさい…」
「うんこが出ちゃいそうなんです…」
「お願いします…させてください…」

とか細い声で懇願を行う。もちろん、合間には余裕がないのかかなり荒くなった呼吸が聞こえる。

まさしく、主張を仕切れないが切羽詰まった様子が切に伝わってくる懇願だ。

これこそ地味っこの懇願の真髄であると言えるだろう。

そして、その限界を伝えるのは懇願だけではない。

動作もまた彼女の限界を表現しているのだ。

その最たる例が、かかとでアナルを抑える動作であろう。

この姿勢こそが彼女が正座状態で出来る精一杯の我慢の姿勢である。

かかとの上に乗ったムチムチの尻肉。
険しい表情で鏡の自分を見つめる姿。
小さな声でのうんこ懇願。

その健気な努力とその無力さが最高に背徳感をそそりあげる。

ごめんなさい…出ちゃいます

そして長時間に渡った我慢も大詰めとなった時

「ごめんなさい…出ちゃいます…」

とか細く彼女が呟くと合図のようにうん汁が吹き出す。

うん汁が吹き出してしまったら最後全てが止まらない。

しゅいいいいい音の鳴り響く放尿。
とろーんと垂れてきた腸液。
汚らしいおなら。

これら全てを鏡の前で苦悶の表情を浮かべながら出す地味っこ。この背徳感に勝るものは存在しないであろう。

もちろん、これだけでは終わることはなく彼女には大量の『実』がまだ残っている。

おならを響かせながら汚らしいアナルをヒクヒクさせていると

「ごめんなさい…」

と諦めた声で絞り出すと

ポツリポツリとうんこの塊が肛門から生まれる。

これ以上ない羞恥を味わった彼女の諦念の感情が切に伝わる素晴らしい排泄シーンだ。

サンプル動画

以上。懇願!正座うんこの3人目の女の子のレビューだ。

後日残りの女の子もレビュー予定なので購入を検討している同志は更新情報を常に発信しているTwitterを要チェック。

また、他にもレビュー希望のスカトロ作品があればここからリクエストを送ってくれ。意見や応援メッセージなど常に受付中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました